エンジニアズ・ガイド
  • ログイン
  • 会員登録

SE・システムエンジニアのIT求人案件ならエンジニアズガイド(Engineers Guide)

サイトマップ
お問い合わせ
登録の流れ
【エンジニアズガイド】トップページ > マニュアル1

案件選びのポイント

働きやすさを重視

業務内容・待遇面、共に希望の条件が揃っている、ということで転職したのはいいけれど、入ってみたら今どき喫煙しながらデスクで仕事しており、結局職場の雰囲気には着いていけなかった…など、自分が働きにくいと感じる環境で仕事はしたくないと思います。
このようなケースはかなり稀ですが、やはり転職で大事なのはトータルに条件を見極めること、もしこのような状況に自分が遭遇したら運が悪すぎ、などと滅入ってしまいます。
やはり仕事もライフスタイルに合わせて選ぶ時代です。もちろん社内の雰囲気も気になれば、通いやすいこと・電車に座れるかどうか、特に勤務地が変更されたりしないように要注意したいところですし、会社の周りの雰囲気にも気を配る方も多いようです。
また最近多いのが服装です。服装規定は会社によって違いますし、私服OK、ジーンズOKという場合でも、曜日によっては正装を規定されていたり、結局は周りの雰囲気に馴染めない、などということも有り得ます。
案件を選ぶ際は、より細かいポイントまで意識するのが良いでしょう。プロジェクトの平均年齢、男女比、その他現場ごとに独自とも言えるルールがないかどうかなど、面談終了までには全て把握できるように質問するのが良いですね。

待遇を重視

転職の動機として多いものに、待遇アップ、つまりお金がもっと欲しいから転職する、という人は多いと思います。
理由として多いのが、起業を目指しているから、つまり開業資金をどんどん貯めておきたいからとか、スキルアップできるから、という方もいれば、報酬を自己投資として構え、セミナーやイベント、専門スクールにも通いたいという方も多くおります。
もちろん金額に応じて求められるスキルも高くなりますし、ある程度SEとして経験を積んでからでないと、難しい事もあります。まずは妥当な額をイメージしておき、ある程度はそれより低くても経験豊富なエンジニアがたくさんいれば問題はないとか、自分のスキルに合わせたキャリアプラン、狙い所を設定しておく事も必要です。
報酬が高いのは残業が多いからだった、などとなることにも要注意です。プロジェクトの規模や目標開発期間、納期などしっかり確認しておかなくてはいけません。
また報酬が高いのはよくても、短期間の案件を渡り歩く場合も考えられます。つまりフリーランスの方のケースで連続して案件が入ってくるのかどうか、途切れたらまず悲しい運命、などとならないようにも要注意です。半年以上は継続したい、プロジェクトは早期終了の予定はあるか、1つ1つチェックしていくことも重要ですね。

キャリアアップを重視

次の案件ではキャリアアップを目指したい!IT系では特に多いと思います。プログラマーとして設計から入れたのはいいけど、現状では企画の立案など、もっと上流のフェーズもやってみたい、という場合も当てはまります。
先ずは募集要項の中にある要項を、しっかりと確認すること。例えばその要項の中身に、「各担当のボーダーラインは意識しない、特別なポジショニングよりも、アイディアを発揮して、どんどん上流にも参加していただくのがモットーです」とあったとします。しかし、実際に現場に就いてからの内容はどうも違う、アイディアを聞いてもらえてもすぐにポジション定位での仕事ばかり、会社の業績をもっと伸ばさないと…など、募集要項と違うなんてことが起こりうることもあります。
やはり転職前のチャンスとして、面接などのアピールの場を積極的に利用し、どのように取り組みたいのか、また実際に貢献できるのか、といった内容に絡めて提案するようにしましょう。
キャリアビジョンを聞かれたときに、「スキルアップ」だけでは不足ですね。自分のアイディアを企画として盛り上げたい、このカテゴリーであれば自信がある、世の中のためになるコンテンツを創り上げたい、など、そうでなければ現職と変わりません、という風にきっぱりと言い切ってしまうことも、不安を解消するためには大切な事です。

理想に合わせた職場を重視

理想の職場で働きたい、やりがいのある仕事に就きたい、と転職を決意したら、まずは案件選びからスタートです。
まだ転職の意志も、おぼつかない時期からどんどん媒体を利用している方も多いようですが、どのような基準で選べばいいのか?や、IT系の求人も今では似たり寄ったりだ、と感じられる媒体が多く なっていますから案件を選ぶ基準をしっかり設定することが大切になります。
そして選ぶ基準でもっとも重要視するところは、自分の希望に沿っているかどうか。
例えば報酬を基準にすることもあれば、仕事内容を重要視することもあります。さらに表面的部分ではわからないところとして、社内の決まり事、喫煙の有無なども気になる方は増えています。また全ての希望がかなうといったレベルのものはなかなか見つかりにくいもので、優先度を振ってみたり、まず譲れないものからピックアップしたほうがスムーズに選択できると思います。
例として、とてもよさそうなのに「これだけはちょっと…」というパターン、仕事だけではなく賃貸物件などでもよくあります。またなかなかめぐり合わないのもこのパターンですし、逃すのはとても残念ですよね。
相談が可能かもしれない点にも着目して、エージェントに連絡を入れてみるなど、一度は相談してみましょう。

会員登録

既に会員登録済みの方はログイン

※パスワードを忘れた方

  • 初めてガイド
  • フリーランスとして働く
  • フリーランスの声