エンジニアズ・ガイド
  • ログイン
  • 会員登録

SE・システムエンジニアのIT求人案件ならエンジニアズガイド(Engineers Guide)

サイトマップ
お問い合わせ
登録の流れ
【エンジニアズガイド】トップページ > マニュアル4

業界のポジション

Web制作の職種

SNS等ソーシャルコンテンツやBtoCといえばWEBサイト、最近はこの分野で仕事をしたい!という方が増えています。この業界でよくあるのが応募する側と採用側の取り違え、つまり職種の感覚がズレてしまう事です。
まず同じような意味合いの用語がたくさんある事が原因として挙げられますが、やはり面接などでもしっかり質問できるように知識を持っておくのが大切です。
例えばデザイナーと言われるポジションがありますが、その対象にも様々で、WEBサイトのバナーやゲームのステージ、またビジュアルではない部分としてパラメータデザイン等もありますし、全体のビジュアル、UIデザインなども考えられます。これからのWEBサイトのお仕事には欠かせない役割の1つですので、WEBに関わるのであればぜひ押さえておきたい知識と言えます。
アートディレクターと言えば、サイトコンテンツ全体のビジュアルに責任を持つ立場、またクリエイティブディレクターという名前で制作の進行を管理する立場を定義している場合もありますが、SI系開発で言えばプロジェクトマネージャーとほぼ同等とも言えます。
プログラムエリアではコーダー、プログラマー、マークアップエンジニアなどの呼び方がありますが、コーダーやマークアップエンジニアについては特にHTMLやCSS、JavaScriptなどのフロントエンドに関係が深い、他にはSEO的知識も有しているべき、などの定義も隠されています。

技術職の役割

ITエンジニアと一言で言っても、沢山のポジションに分かれます。一般的にはPG、SE、DBA、PM、PMO、コンサル等に分類され、それぞれに求められるスキルも違えば報酬も、また将来性や該当する資格の種類についても違いがあります。
ではITエンジニアにとって共通のスキルとは何でしょう?
まず各ポジションの中でも最も基本的と言えるのがPG、つまりプログラマーです。プログラマーといえば、もちろんプログラムを書く人です。SEにも、DBAにも、PMにもある程度は通じるのが、プログラミングの技能であると言えます。初めにプログラムありき、ともよく言われますが、専門スクールでもデータベースを学ぶ学科において、初めにスキルとして身につけるのがプログラミングです。
プログラムはそれぞれの資源を全て使いこなす性質を備えています。SEが関わるハードも、DBAとしてはデータベース、PMとしてはファイルサーバ等、やはりどの職種もプログラムの基礎は備えていないと他の知識もなかなか役に立たなくなってしまいます。
また最近はデザイナーやクリエイターに転向される方も増えていますが、このカテゴリーで基本となるのもプログラム、強いて言えばアプリケーションです。イラストツールやアニメーションツールとして何か不具合がある場合、プログラムを意識しなければなかなか対処できません。
他にはハード系に深く関わる分野として組み込み系がありますが、高度なプログラミングをしたいなら一度は覗いてみるべき、とはよく言われる世界です。

自社サービスと受託のメリットとデメリット

最近のIT業界では、「ITエンジニアのタイプとして、自社サービスエンジニアと受託開発エンジニアの2通りがある」とよく言われます。 例えれば前者はソーシャルゲームプラットフォームを提供するプロバイダー系、そして後者はSI系の業務システム開発を受託する会社系、とも言えるでしょう。
では、もし「エンジニアとしてどちらがいいですか?」とフリーランスの立場で聞かれたらどう答えるでしょう?
それぞれにエンジニアとして携わってきたカテゴリーにもよりますが、よりスキルを伸ばしたい、という場合は?
やはり自社サービスを取る可能性が大ですし、より安定したほうがいいです、となれば受託のほうかもしれません。
では「受託開発のメリットといえば?」
採算をしっかり取れること、つまり納品までにしっかりと人月計算をこなし、システムの仕様変更等についてもしっかり相談して決めていくのが常です。また従量課金システムということからは設けるためには単価を上げる程度のアイディアしかありません。
一方の自社サービスでは、パッケージでもWEBサイトでも、短期間で作ったものが膨大な売上げに繋がる可能性はありますが、もちろん1銭にもならない事だってあります。
このように双方ともにメリットもデメリットも存在します。また現実的には将来性を考えて自社サービスとWEBを掛け合わせる方も増えていますが、やはりどちらが絶対によい、という答えはなかなか出せないように思います。

自社サービスと受託の違い

自社サービス、受託開発では何が違うのでしょうか? コミュニケーションライン(指揮系統)・企画への貢献方法、そして最も大きな違いは「赤字のリスク」を負う立場か「絶対的なスキルの高さ」を人月で売る立場か、が大きな違いになります。どちらの責任、役割に興味があるかで、どの会社・プロジェクトを選ぶかを決めるとよいでしょう。
WEB系エンジニアであれば、自社サービスはやはり魅力的です。自分からどんどんアイディアを注ぎ込んだり、色々な企画に携われ、WEBであれば尚更自由度が高いだろう、と思うかもしれません。またSI系エンジニアにとっては受託開発こそがパワーの見せ所、どんな案件でも提案できるや、うちにはSI系でメンバーをまとめるパワーのあるマネージャークラスが大勢いる、などと胸を張ってみせるかもれしません。
受託の場合はクライアントがいて、そこから出てきた要望どおりのソフトウェアを開発して納品する、また工数が増えるような仕様の追加もシステム改変などもできるかぎり避けようとする事で、ビジネスが成立します。クライアントが費用を負担する分、予想外の大成功はクライアントにリターンします。
▼自社サービス
『ハイリスク・ハイリターンで開発費用に投資 赤字でも責任を負う』
事業成功のために貪欲となり、成功の可能性をあらゆるアプローチで検証するため、企画に踏み込んで能力を発揮したい方にオススメです。サービス、事業を成功に導いたメンバー達は戦友となっていきます。事業の失敗でボーナスカット、景気の影響を最も早く受けるため不安定にならざるを得ませんが、より安定力を付けるために、収益を確保できる事業をいくつも考案し、実施していくケースが多いです。
▼受託会社
『ミドルリスク・ミドルリターンで開発業務を請け負う』
開発や制作など、専門的なスキルに関しては、事業会社のメンバーが追いつけないほど、百戦錬磨となっていきます。上述の通り、リスクは事業会社が殆ど負っているため「様々な事業会社が望む事は何か」を知る機会があり、客観性・スキルが大きく伸びます。受託会社の最も大きなリスクは「納品リスク」です。納品を遅延した場合、以降の追加工数は無償となるケースが多く、納期厳守が徹底されます。そのため徹夜・休日出勤が多発するケースも少なくありません。納期関連のトラブルの頻度次第で、専門職にしわ寄せが来る事が多くなっていきます。
また、受託会社に派遣社員契約・フリーランスの業務委託契約などは、ローリスク・ローリターンとなります。クライアントの事業が失敗しても受託会社には費用が支払われますし、受託会社が納期遅延しても契約相手には報酬が支払われます。最もリスクが低い変わりに、収入はあまり多くはありません。

会員登録

既に会員登録済みの方はログイン

※パスワードを忘れた方

  • 初めてガイド
  • フリーランスとして働く
  • フリーランスの声