エンジニアズ・ガイド
  • ログイン
  • 会員登録

SE・システムエンジニアのIT求人案件ならエンジニアズガイド(Engineers Guide)

サイトマップ
お問い合わせ
登録の流れ
【エンジニアズガイド】トップページ > マニュアル6

転職

キャリアプラン

エンジニアのキャリアアップといえば、 プログラマー、SEと業務をこなしプロジェクトリーダーなど上流工程の仲間入りを果たすこと。こんな感じでイメージされる方は多いでしょう。もちろん王道といってもいいのではないでしょうか?
また、最近はキャリアアップのプランもかなり多様です。
SEだけではなく、デザイナーとしてWEBやソーシャルにかかわり、行くゆくはデザイン事務所を起業したいという方もいます。
また実力派の方に多いのが、紹介予定派遣システムを利用するケースです。
派遣期間が終了したらそのまま正式に入社するシステムですが、面接だけでは伝えきれない事も、しっかりと印象つける事ができ、入社する前に企業自体を見極めるチャンスもあります。
またプライベートを優先したいからフリーランスになる、という方もいます。
この場合、キャリアアッププランはどうなるのかといえば、多少猶予を求めているに過ぎない、という例も多いようです。もちろん猶予があって投資もできる、スキルアップの中身次第でプランをどんどん進めて行きたい、という方も多くいます。
エンジニアというカテゴリーはキャリアアップしやすいもの、とも言われます。やはりやる気次第でどんどんアップできる、と言えるでしょう。

未経験採用

「エンジニアとして未経験です」でも採用されるケースがあります。もちろんそれなりに技術が無ければできない仕事もたくさん存在しますが、最近はテスティング・評価、ヘルプデスク等の案件では、未経験採用のケースが多いそうです。未経験者にとってはかなり大きなチャンスと言えます。
未経験といってもアルバイトで経験がある、パソコンであればかなり知識があっても実務はほとんどないや、または数年のブランクがあるエンジニアのケースも考えられます。スキルシートに記入する際に躊躇してしまうという程度ですが、このようなケースは未経験の度合いによっても違ってきます。
もう1つ大事なのが人間性を重視する企業が増えている事です。
やる気がある方、きちんと業務を把握できる方、外れた事をしない方など、エンジニアの分野にもこのような方を雇う意識が定着してきたといえるようです。
もちろん未経験だからといってどのような職種でもいいですから紹介してほしい、というのではなく、自分に合ったものをマッチングしてもらうための適性検査を受けたり、あるいは興味のある分野を率先してアピールしていく事も大切です。
実務と趣味の開きがどれくらい違うのか、と気になる方も多いようですが、大事なのはやる気。
やる気があればクライアントも率先して牽引してくれるものと考えていいでしょう。

資格

どのような資格を持っているのが望ましいのか、正社員、フリーランスのいずれにとっても大きなテーマと言えます。 最近の資格の特徴といえば「実際の業務に即したレベルを試すこと」このようなコンセプトで設計されたものが多いようです。
代表的な資格としては、国家資格として名高い情報処理技術者試験、またオラクルやマイクロソフト等のベンダー資格があります。
他にはPHPやJavaなどもっとも主流と言われる言語をはじめ、まだ日本では主流となっていない技術についても民間の資格が存在します。
資格といえばネームバリューを気にする方が多いようですが、面接でも目立つ資格があるないの扱い方は違ってきます。もちろんフリーランスの場合は特に実務経験が無ければ通用しない世界ですが、実務経験が十分であり、他にも関連する資格、または実務とはほぼ関係ないような資格を持っていると、将来性が高い、他の分野でも助けになってくれるかもしれない、と期待感を大きくする事も可能です。
WEBの世界では特に、サーバ、デザイン、コーデイングといった種類を問わず、率先してやりたい分野を任せてもらえる、このようなベンチャー的な考え方を取り込んで開発を行っている企業も増えています。ということは、やはり資格もより広範囲に持っておくのが理想かもしれません。
あるカテゴリーでもっとも上級の資格を目指す、という考え方の場合、その資格だけのめりこんでしまう可能性も大です。

会員登録

既に会員登録済みの方はログイン

※パスワードを忘れた方

  • 初めてガイド
  • フリーランスとして働く
  • フリーランスの声